サウンドオブジェ、インスタレーションやパフォーマンス、ワークショップ、テクノロジーアート、日本を代表する美術家の一人、藤本由紀夫がソロパフォーマンスを行う

12734120_658117914327508_9125657714015327257_n


“音ほぐし”

音と向き合う空間、東京で最もハードコアなイベント。

人気イベント音ほぐし、今回の出演は、80年代半ばよりサウンド・オブジェを制作。インスタレーションやパフォーマンス、ワークショップを通じて活動を展開している美術家の藤本由紀夫がソロパフォーマンスを行う。音と芸術、今回も行って間違い無しです。

Date:2016年03月20日(sun)
Open/Start:18:30/19:00
Door:2,000yen(drink別)
Place:四ッ谷 喫茶茶会記

ご予約は、neraere@gmail.comへフルネームと人数をご連絡下さい。


Artist Profile

藤本由起夫/Yukio Fujimoto

80年代半ばより日常のなかの「音」に着目した装置、サウンド・オブジェを制作。インスタレーションやパフォーマンス、ワークショップを通じて、空間における「音」の体験から新たな認識へと開かれていくような活動を展開している。
国内では97年から一年に一日だけ開催する展覧会「美術館の遠足」を06年までの10年間、企画・開催し、鑑賞者のみならず美術館運営側にも新しい表現活動のあり方を提案し話題となる。
01年ヴェネツィア・ビエンナーレの日本館代表としての参加に続き、07年には国際部門にて出品。2007年広島市現代美術館での個展をはじめ、西宮市大谷記念美術館、国立国際美術館、和歌山県立近代美術館の3館で個展を同時開催。
最近の主な展覧会は、08年「開館20周年記念コレクション+(プラス)ひびきあう音・色・形」高松市美術館(香川)、「小杉武久+藤本由紀夫展 音楽」国際芸術センター青森(青森)、09年「The Tower of Time」Ikon gallery(バーミンガム)、11年「耳をすまして-美術と音楽の交差点」茨城県近代美術館(茨城)など。