Pick Up Event

11889421_859610770800958_8013808009535586902_n

“Destruction chaos Vol.23”

ノイズに始まりノイズに終わる。「Destruction chaos」桜台poolにて開催。

*入場者全員にv.a.カセットテープをプレゼントあり!

Date:2015年10月18日(sun)
Open/Start:16:30/17:00
Door:2,000yen
Place:桜台 pool

Live:
LINEKRAFT 
本田ヨシ子 × UNGEZIEFER feat.福居ショウジン 
LZ129
VELTZ / TV 
ihatesummer 
Ant Music (zoo tapes),Ken Horiguchi,Seiji Sanjo


Artist Profile


LINEKRAFT



屑 鉄!廃材にまみれ!頑迷なる廃自動車部品!鉄タンク!工業廃棄物によって音を暴発し!鉄工活動を行ってきた!私は!演奏において!クズ鉄と対峙する!ひと りの!工業患者なのだ!襤褸糞の鉄缶を!廃材に追い込む!酸素欠乏!緊張の果てに!到達する!約束の重工業地帯!激怒に痙攣する!鉄工の石頭が!青い金属 片を!吐きちらす!喚きちらす!

本田ヨシ子 × UNGEZIEFER feat.福居ショウジン
本田ヨシ子 Honda Yoshiko
あらゆる表現の試行錯誤の末に、自らの声のループをベースに、更に声を重ねて展開させていく一人オーケストラ的ヴォイス・ミュージック=”アヴァン・クラ シック・ヴォイス”に行き着く。その声のみで作り上げる世界は、どこかノスタルジックでもあり、同時に狂気をも感じさせる。現在、一人でのライブを中心 に、楽器演奏者や踊りとの即興セッションにも多数参加、またイツロウとのユニット「音髑装置ondokusouchi」などでも活動。



UNGEZIEFER



ジャンルの隔たり」「コンセプトの縛り」等を排し、国籍、ジャンルを問わず参加者が自由に表現する事を目的としたコラボレーション形態を持つ実験志向ユニット、EPHEMERA SYNDICATEの主催である西村圭介により2013年に発足された、ライブ活動に特化したソロプロジェクト。その呼称は「害虫、有害生物」などの意味 を持つ。現在の活動としてEBM、OLD SCHOOL INDUSTRIALをルーツとしたトラック制作・ライヴ演奏を主軸とし、今尚、ジャンル、表現形態の垣根を超えたコラボレーション活動を展開。また近年 は主として、analchang+ungeziefer、HOWLING ov HIMARAYAなどのユニットに於いてトラック制作を担当。2007年 Various – Clinical Sounds – Volume 2、2015年 録音鬼特別盤 Rokuonki Extra!live Aktion4.18等の音源に参加。
福居ショウジン
兵庫県生まれ。東京工芸大学工学部画像工学科卒業。大学在学中に『レインジャーごっこ』『血の惨劇’85』『メタル・デイズ』などの作品を制作。卒業後、ノ イズバンド「ホネ」のライブ活動を行いながら、『ゲロリスト』(PFF予選通過)や『キャタピラ』(伝説のバンド、リビドーのVo.故・NARITA MIU出演)などの作品を制作。インディーズバンドのライブ・ビデオを製作・演出、自主流通による販売を手がける一方で、塚本晋也監督作品『鉄男』に参 加。石井聰亙監督のもとで助監督を務める。1991年、映像制作集団「ホネ工房」を率い、『ピノキオ√964』を発表。「映画の上映はライブである」とい う信念のもと、劇場にPAシステムを持ち込み、現場で自ら特殊エフェクターを駆使してサウンドをオペレートする爆音ライブ上映を展開。



本田ヨシ子



あらゆる表現の試行錯誤の末に、自らの声のループをベースに、更に声を重ねて展開させていく一人オーケストラ的ヴォイス・ミュージック=”アヴァン・クラ シック・ヴォイス”に行き着く。その声のみで作り上げる世界は、どこかノスタルジックでもあり、同時に狂気をも感じさせる。現在、一人でのライブを中心 に、楽器演奏者や踊りとの即興セッションにも多数参加、またイツロウとのユニット「音髑装置ondokusouchi」などでも活動。



LZ129



東京都出身。2013年5月ライブ活動開始。2014年9月ファーストアルバム「Astral Plane」リリース。ハーシュノイズを基調としつつ、構築的かつ複雑に展開していくライブは、ROVO、非常階段、渋さ知らズのメンバー他、多数のアー ティストより賞賛の声を受けている。また、ジャンルを超えて様々なアーティストとのコラボレーションライブを行っており、これまでにクラシック、ジャズ、 ロック、テクノ、ヒップホップ、暗黒舞踏、ライブペイントのアーティストとのコラボレーションライブを成功させている。



VELTZ / TV


東京都出身。2013年5月ライブ活動開始。2014年9月ファーストアルバム「Astral Plane」リリース。ハーシュノイズを基調としつつ、構築的かつ複雑に展開していくライブは、ROVO、非常階段、渋さ知らズのメンバー他、多数のアー ティストより賞賛の声を受けている。また、ジャンルを超えて様々なアーティストとのコラボレーションライブを行っており、これまでにクラシック、ジャズ、 ロック、テクノ、ヒップホップ、暗黒舞踏、ライブペイントのアーティストとのコラボレーションライブを成功させている。



ihatesummer


noiseの美しさとdark ambientの陰鬱さに惹かれ、2013年から活動開始。kumagaya noise cityの一員でもある。活動をしていく中で楽器から鳴る音だけが音楽の音ではなく、全ての音は音楽になることを知る。音で自分の思い描く情
景を表現することに意識を置き、ライブでも空間が別の世界へと変わるようなパフォーマンスを目指している。2014年からWEHATESUMMER名義でも活動を開始している。20thCenturyOXとのユニットでbeatとnoiseを融合させ、それぞれ
の個性を引き出したリズム感のある音楽 を創りだしている。参加作品2015年 ihatesummer kumagaya noise city 3way split「independent of notion」WEHATESUMMER「Glitch Films」Tシャツ付きダウンロード音源



Ant Music (zoo tapes), Ken Horiguchi, Seiji Sanjo

2010年より池袋のギャラリーカフェから、「ARTiFACT」名義で、ambient drone noiseを機軸としたイベントとして発生。その後も各自ブッキングライブ、トークイベントを展開する。これまでにPSFモダーンミュージック 「Tokyo Flashback 8」に参加他、CD、ダウンロードやカセットでの作品リリースを続けている。2014/07/09LINEKRAFT × zoo tapes 現代ノイズ進化論4DOMMUNE開催。