Pick Up Event

11873464_869480819794562_5930990904269119587_n

“『松籟夜話』番外編”

音楽批評・福島恵一とサウンドアーティスト・津田貴司による、フィールドレコーディングを中心に「聴く」ことに焦点をあてた試み。

番外編
今回は、会場を青山のビブリオテカ・ムタツミンダに移し、セカンドアルバムのリリースを控えたスティルライフ(津田貴司+笹島裕樹)のDNAを紐解きながら、インプロヴィゼーション、エレクトロ・アコースティック、フィールドレコーディングの「綴じ目」の可能性を探ります。

Date:2015年9月27日(sun)
18:00〜(21:00ごろ終了予定)
料金:1500円
会場: Bibliotheca Mtatsminda
予約:お名前、人数、当日連絡先を明記の上、下記まで
gekko_sabou@me.com
福島恵一 音楽批評/「耳の枠はずし」 

津田貴司 サウンドアーティスト 

笹島裕樹 サウンドアーティスト

stilllife(スティルライフ)

1012903_10203847074714595_1600058200726652856_n

非楽器・非即興・非アンサンブルという抑制の果てに立ち現れる、気配と静謐のフ ラグメント。フィールドレコーディングに基づく活動をしてきた津田貴司と笹島裕樹によるサウンドアート・ユニット『スティルライフ』は、音が意識に触れ音楽に なる瞬間・音楽が解体され音に還ってゆく瞬間を往還し、風土の余韻を浮かび上が らせる。彼らが描く土の匂いのフォークロアは、おととみみのあいだ・聴くことと 奏でることのあいだの水際をたゆたう。