Pick Up Event

22217_769235693193369_7475903521462125462_n

“Satomimagae 『Koko』 Release Party”

アコースティックな弾き語りというスタイルながら深淵なライブを展開するアーティスト『Satomimagae』、昨年リリースしたアルバム「koko」のリリースイベントが圓能寺にて開催される。共演には、Family Basikのメンバーとしても活動し、2015年1月にはソロアルバム「faintly lit」をリリースした加藤りま、そして福田陽平監督『アイズ』の映画音楽を担当するなど、めざましい活躍をみせる34423。伊達伯欣と畠山地平のユニットopitopeは今回は声明のユニット智聲(Chisei)とのコラボレーションでのライブを披露する。

Date:2015年7月04日(sat)
Open/Start:15:00
Adv/Door:2,500yen/3,000yen
Place:圓能寺
Reservation:
katsunagamouri@gmail.com
※お名前と人数を明記し、メールしてください。

Live:
Satomimagae
加藤りま (Rima Kato)
34423
Opitope + 智聲(Chisei)

声明(しょうみょう):
仏典に節をつけた仏教音楽のひとつ。


Artist Profile

Satomimagae は1989年に生まれ、2003年から現在まで作曲を続けています。東京を中心に活動中です。2012年3月に初のアルバム「awa」をリリース、11月に映画「耳をかく女」の音楽担当。2014年12月にセカンドアルバム『koko』をWhite Paddy Mountainよりリリース。現在精力的にライブ活動を展開中。



加藤りま


2009年よりライブ活動を始める。ローファイ・ポップを通過しフリー・フォークを経たような哀愁を帯びながらも透明感のある歌声は、ぽつぽつと進むシンプルなアレンジの楽曲によって際立って響く。2010年ASUNA 主宰のカセット・テープ・レーベル WFTTapes から2本の作品をリリース。2012年同氏による3インチCDレーベル aotoao からミニ・アルバム 『Harmless』をリリース。2015年1月、フル・アルバム『faintly lit』をflauよりリリース。2月から5月にかけて日本各地、韓国と断続的に続いたツアーを無事終える。2014年11月に実兄とのユニット Family Basikのファースト・アルバム『A False Dawn And Posthumous Notoriety』をWhite Paddy Mountainよりリリースしている。



34423


愛媛県出身、東京都在住のサウンドアーティスト。幼少より録音機器や楽器にふれ、音創りと空想が生活の一部となる。 切り取られた日常はサウンドコラージュによって独自のリズムを構築し、電子音に混ざり合い、より空間の広がりを感じさせる。 過去7枚の作品発表し、容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年7月17日に待望の世界デビュー盤”Tough and Tender”(邂逅)をリリースし話題をさらった。その後も都内の大型フェスなどの参加や、ビジュアル面を一任するアートディレクターYU­KA TANAKAとのコラボ作を発表するなど勢力的に活動を重ね、2015年2月に最新作”Masquerade”(邂逅)をリリースした。また、今夏上映、鈴木光司原作のホラー映画「アイズ」などをはじめ様々な映画の劇伴をつとめている。



Opitope


Opitope は2002年の秋に伊達伯欣と畠山地平により結成。伊達伯欣はソロやILLUHA、Melodiaとして活動するほか、中村としまる、KenIkeda、坂本龍一、TaylorDeupreeとも共作を重ね、世界各国のレーベルから14枚のフルアルバムをリリース。 西洋医学・東洋医学を併用する医師でもある。漢方と食事と精神の指南書「からだとこころと環境」をeleking booksより発売。畠山地平はKranky、Room40, Home Normal, Own Records, Under The Spire, hibernate, Students Of Decayなど世界中のレーベルから現在にいたるまで多数の作品を発表。デジタルとアナログの機材を駆使したサウンドが構築する美しいアンビエント・ドローン作品が特徴。ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ、韓国など世界中でツアーを敢行し、2013年にはレーベルWhite Paddy Mountainを設立

ツイート