Pick Up Event

11111226_1588850797998612_7539465148547787984_n

“_ト庵 補中益気湯”

『音食踊香』初夏に楽しむアンビエントな夕べ、原宿「VACANT」にて開催!

Date:2015年6月06日(sat)
Open/Close:16:00-21:00
Adv/Door:3,500yen/4,500yen
Ticket Reservation
Place:VACANT

Act :
花代 ト 夏の大△(大城真、川口貴大、矢代諭史)
青葉市子
MUI ト Tomoki Takeuchi ト 朝吹真秀
藤田貴大・青柳いづみ (マームとジプシー) ト Tomoyoshi Date

DJ : Satoshi Ogawa / Yoshitaka Shirakura
PA : zAk

Drink & Food :
あんびえん (最中)
こくらさんのひねもす食堂 (おかず)
あぶさん (貝つまみと日本酒)
ぽんぽこ屋 (どぶろく)

空調 : ono
照明 : 渡辺敬之
会場 : 御供秀一郎
イラスト : 伊吹印刷


Artist Profile

東京ベルリンを拠点に活躍するアーティスト。写真家、芸妓、ミュージシャン、モデルなど多彩な顔を持つ。自身の日常を幻想的な色彩で切り取る写真やコラージュ、またこうした要素に音楽や立体表現を加えたインスタレーションを発表する。パレ・ド・トーキョーなどの個展、展覧会多数。ボーカルとしてdaisy chainsaw、Panacea、Kai Althoff、Mayo Thompson、Jonathan Bepler、Terre Thaemlitz, 秋田昌美 ,中原昌也となどとコラボレーションする。tony conrad と舞台音楽で共演したり、bernhard willhelmのショウでライブパフォーマンス、そしてJürgen Paapeとカバーしたjoe le taxiはSoulwaxの2ManyDjsに使われ大ヒットした。写真作品集に『ハナヨメ』『MAGMA』『berlin』、音楽アルバム『 Gift /献上』『wooden veil』などがある。ギャラリー小柳所属。



夏の大△


2010年夏に開催された、大阪・梅香堂での展覧会「夏の大△」を起点として不定期にライブやイベントを行う3人組

大城真:
1978年、沖縄生まれ。
音を出すために自作した道具、または手を加えた既製品を使ってライブパフォーマンスを行う。またそれと平行して音・光・動きによる周期の干渉を利用したインスタレーション作品を発表している。近年は川口貴大、矢代諭史とのユニット”夏の大△”としても活動している。主なイベント、展覧会に”夏の大△”(2010、大阪 梅香堂)、”Mono-beat cinema”(2010、東京 ICC)、”Cycles”(2013、東京 20202)、Multipletap(2014、ロンドン Cafe OTO)、Festival Bo:m(2014、ソウル Seoul Art Space Mullae)等。

川口貴大:
主に音のなるオブジェクトやさまざまな光、身の回りにあるモノで空間を構成してゆくライブパフォーマンスやインスタレーションを行う。ソロの他に自身のバンド“Hello”や村山政二朗、宇波拓、ユタ川崎との“OffCells”、江崎将史主催のアキビン吹奏楽団“アキビンオオケストラ”、大蔵雅彦による“ActiveRecovering Music”、“ユタカワサキバンド改めucnvバンド”のメンバーとしても活動している。

矢代諭史
2003年頃より自走するスピーカーや自作の装置によるインスタレーション展示や演奏を始め、同時期より東京墨田区の廃工場を利用した「八広HIGHTI」の運営などを行っている。ドラムと動くウーハーのユニット「Motallica」としての活動も行っている。



青葉市子


音楽家
1990年生まれ。2010年アルバム『剃刀乙女』でデビュー。
これまでに4枚のソロアルバムを発表。
2014年には舞台「小指の思い出」でkan sano、山本達久と共に劇伴・演奏を担当。
12月にはマヒトゥ・ザ・ピーポーと結成したユニットNUUAMMの1stアルバム「NUUAMM」をリリース。
2015年夏にはマームとジプシーの舞台「cocoon」に女優として参加予定。
その他CM音楽、ナレーション、作詞家、エッセイ等さまざまな分野で活動中。



Tomoyoshi Date


1977年ブラジル・サンパウロ生まれ。3歳の時に日本へ移住。 ロック、ジャズ、ポスト・ロックなどを経て90年代後半より電子音楽を開始。 ソロ作品に加え、Opitope、ILLUHA、Melodiaとして活動するほか、中村としまる、KenIkeda、坂本龍一、TaylorDeupreeとも共作を重ね、世界各国のレーベルから14枚のフルアルバムをリリース。
西洋医学・東洋医学を併用する医師でもあり、2014年10月にアンビエント・クリニック「つゆくさ医院」を開院、随筆家としてelekingで「音と心と体のカルテ」漢方と食事と精神の指南書「からだとこころと環境」をeleking booksより発売。



青柳いづみ

11148826_1587720141445011_5822840680919778046_o

女優
東京都出身。2007年マームとジプシーに参加。翌年、チェルフィッチュに『三月の5日間』ザルツブルグ公演から参加。以降両劇団を平行して活動。2013年今日マチ子(漫画家)の代表作『cocoon』、2014年川上未映子(小説家)の書き下ろしテキストでの一人芝居『まえのひ』に出演。近年は飴屋法水(演出家)や金氏徹平(現代美術家)とも共同で作品を発表。2015年6月から8月にかけて全6都市を巡る全国ツアー『cocoon』に出演予定。



藤田貴大

10556935_1587720114778347_5780386044031145160_o

演劇作家/マームとジプシー主宰
北海道伊達市出身。2007年マームとジプシー旗揚げ。2012年「かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。」で26歳の若さで第56回岸田國士戯曲賞受賞。同じシーンを高速でくり返すことで変移させていく「リフレイン」の手法を用いた抒情的な世界で作品ごとに注目を集め、2ヶ月に1本のペースで演劇作品の発表を続ける。自身のオリジナル作品と並行して、2012年より音楽家や歌人、ブックデザイナーなど様々なジャンルの作家と共作を発表。2013年5月「てんとてんを、むすぶせん。からなる、立体。そのなかに、つまっている、いくつもの。ことなった、世界。および、ひかりについて。」にて初の海外公演を成功させ、翌年ボスニア・イタリア5都市を巡るツアーを行う。2013年8月漫画家・今日マチ子の原作である「cocoon」の舞台化に成功。2014年3月から5月にかけて小説家・川上未映子の詩を一人芝居として7都市8会場で上演。2015年6月から8月にかけて全6都市を巡る全国ツアー『cocoon』を発表予定。



Tomoki Takeuchi

tomoki-takeuchi-e1411238626593

1989年 東京生まれ。
幼少より音楽に興味を持ち4歳からバイオリンを始める。PCとバイオリンを中心としたライブパフォーマンスで、I Hate This Place、i8u、bvdubの来日公演や12kの日本ツアーへの参加など様々なイベントに出演し国内外の音楽家と共演するほか、mergrim率いるTHE MERGRIM GROUPへのバイオリンでの参加をはじめ、バイオリン奏者としても様々な音楽家とのコラボレーションを重ねる。

クリエイターコミュニティArtLism.JPや瀬戸内国際芸術祭関連プログラムなどのデジタルリリースへの参加や、UK、日本で音源をリリースするほか、イベントオーガナイザーとしてもこれまでに江戸東京たてもの園や世田谷美術館での音響イベントなど、環境と音楽の共存をコンセプトに様々なイベントを行う。

2013年から音楽レーベル「邂逅 (kaico)」を主催。新しい世代の音楽家を数多く輩出し、次の時代へ向けた音楽の在り方を探る