Pick Up Exhibition

10313395_838666802893182_1239984597076567245_n

飯村隆彦 映像個展

日本の実験映画・ビデオアートの先駆者、飯村隆彦の1962年から2012年の50年の軌跡を、2プログラム7セクション、トータル4時間をかけて一挙に上映、国際的に評価の高い飯村の作品をまとめて見る事の出来る貴重な機会。

Date:2015年6月7日
OPEN/CLOSE:15:00〜21:30
Place:代官山CCスタジオ
ticket:2,000yen
reservation:
前売券:Peatix
当日券:会場フロント
more info
主催:Viniym (NAKAI,Mio・INAMI,Taro) キュレーションユニット

[proglam]

第1部
15:00〜17:00 Program A
17:00〜17:30 トーク
17:30〜18:00 Q &A
第2部
18:30〜20:30 Program B
20:30〜21:00 トーク
21:00〜21:30 Q &A

【Program A (1962-1977)】
1)「60年代の実験映画」 60’s Experiments (1962-1964), 4 films, 49 min.
・くず Junks (1962),10min., B/W, Music by 小杉武久
・Ai (Love) (1962),10min., B/W, Music by オノ・ヨーコ
・視姦について On Eye Rape (1962), 10min., B/W&Color, Silent, 共同制作:中西夏之
・リリパット王国舞踏会 A Dance Party In The Kingdom of Lilliput (1964), 12min., B/W, 主演:風倉匠

2)「映画的黙想のために」 For Filmic Meditation (1969-1971), 2 films, 42min.
・IN THE RIVER (1969-70), 12min., Color, Sound(飯村隆彦)
・SHUTTER (1971), 30min., B/W, Music by 佐藤敬次郎

3)「初期コンセプチュアル・ビデオ集」 Early Conceptual Videos (1970-1977), 5 films, 23 min.
・椅子 A Chair (1970), 6min., B/W, Sound(飯村隆彦)
・まばたき Blinking (1970), 2min., B/W, Sound(飯村隆彦)
・タイム・トンネル Time Tunnel (1971), (Excerpt) 5min., B/W, Sound(飯村隆彦)
・男と女 Man and Woman (1971), (Excerpt) 2min., B/W, Sound(飯村隆彦)
・視覚的論理(と非論理)Visual Logic (and Illogic) (1977), (Excerpt) 8min., B/W, Sound(飯村隆彦)

【Program B (1966-2012)】
4)「目には目を、耳には耳を」 Eye For Eye, Ear For Ear (1966-70/2009), 2 films, 25min.
・フィルム・ストリップスI Film Strips I (1966-1970), 12min., B/W, Music by 鈴木治行(2009)
・フィルム・ストリップスII Film Strips II (1966-1970), 13min., B/W, Music by 鈴木治行(2009)

5)「空の岩」(1985-2008), 2 films, 30min.
・Moments At The Rock (1985), 11min., Color, Music by 鈴木治行(2008)
・A Rock In The Light (1985/2008), 19min., Color, Music by 鈴木治行(2008)

6)「ON TIME IN FILM / DVD」(映画/DVD時間論)(1975-2007), 3 films, 33min.
・1秒間24コマ 24 Frames Per Second (1975-78/2007), 10min.35sec., B/W, sound(飯村隆彦)
・TIMED 1, 2, 3 (From MODELS, Reel 1) (1972/2007), 10min.15sec., B/W, sound(飯村隆彦)
・1コマの長さ One Frame Duration (1977/2007), 11min., B/W&Color, sound(飯村隆彦)

7) 最近のフィルム・パフォーマンス集 (1972-2012), 3 films, 33min.
・Performance/Myself (1972-1995), 14min., B/W&Color, Sound(飯村隆彦)
・Screen Play (1963-2012), 13min., Color, Music by 刀根康尚
・Circle And Square(2011), 6min., Color, Shot by Nobuyuki Asai, Sound(飯村隆彦)



Artist Profile

飯村隆彦


日本の実験映画の草分けの一人である飯村隆彦は、1960年代始めに8ミリや16ミリの前衛映画を個人で制作し、自主上映活動を行う。また上映によるパフォーマンスも早くから行い、映写機を操作/演奏するライブ・プロジェクションも独自に展開してきた。1964年に実験映画集団「フィルム・アンデパンダン」を結成し、日本の個人映画史上最初の実験映画祭を行う。1965年、実験映画「LOVE」がニューヨークの実験映画のリーダー、ジョナス・メカスによって高く評価される。
 1966年にはハーバード大学国際セミナーに招待されて渡米、1973年、ドイツアカデミーの招きで、ベルリンのキネマテークやポンピドゥ・センターなどでも個展上映を行う。ニューヨークでは1974年に近代美術館、79年にはホイットニー美術館で個展パフォーマンスを行って、国際的に評価される。