Pick Up Event

11214139_927916500601712_4670685684067225115_n

“Dansu to Noizu Vol.1”

Off-Toneが主催する踊り、聴いて音楽を楽しみ尽くすイベント『ダンストノイズ』が本格始動
ダンスサウンドには「DJ WADA」、「NOBU」「THE KLO」、ノイズ・アヴァンギャルドサウンドにはスイスより来日中の「Nikola Mounoud / Overload Collapse」、アルバムをリリースしたばかりの「食品まつり」、独特なライブスタイルでフロアーを熱くさせる「Primula」、不穏な音響をDJセットから作り出す「koba」、ドローンアンビエントの雄Hakobuneも登壇と面白い出演陣。

Date:2015年5月29日(Fri)
Open/Start:24:00
Door:3,000yen
WF:2,500yen
Place:吉祥寺SEATA

Live:
… (Nikola Mounoud / Overload Collapse from Switzerland)
hakobune
Primula(Neguse Groupe)
食品まつり

DJ
DJ WADA (Sublime, Dirreta)
NOBU(Future Terror)
THE KLO(TigerHole)
koba(form.)
Matsusaka Daisuke

Visual Art
Idealsolution
Kusakabe Taiki

SOUND
fishu (MASSIC inc.)

Food
Off-Tone食堂


Artist Profile


Nikola Mounoud / Overload Collapse

Overload Collapseとしても過去にジャン=ルイ・コステスと共に来日ツアーを敢行したNikola Mounoudによるソロ名義。ラップトップにより生成された過剰負荷フィードバックノイズが聴者を恍惚の境地へと誘う。
そして、高確率でラップトップは破壊される。



hakobune


N兵庫県出身の音響作家、レイヤーを重ね合わせ音風景を描く。
2007年に本名義での活動を開始し、各国の独立系レーベルから50作以上の作品をリリースする。
現在は東京に拠点を移し活動している。



Primula


釣り人。

振り返り主義的な過度のノスタルジックな音楽世界で「良い夏になった、もういちど聴きたい」、「思春期の水風船を投げつけられたようだ」等と評される。

誰をも遠い少年の日に引き戻す彼のメロディーと変質なサウンドは、UKを代表する変態テクノ・ダブステップアーティストであるSI BEGGの耳に留り、『Jetlag And Tinnitus Reworks 5』ではリミキサーとして起用され、恥ずかしげもなく胸キュンファンクネスを披露した 。

2012年8月、Neguse Group より、ぶっといリズムとブルーハワイ色のメロディー、思春期のあれこれを身にまとったデビューアルバム『Youth Center』を発表。iTunes のエレクトロニックチャートで7位になるなどスマッシュヒットを記録した。

最近では、米 n5MD からリリースされた moshimoss による新プロジェクト、Preghost のアルバムへの参加や、チェコの実力派アーティスト、Kubatko とのコラボレーション、ラッパー mal da kid のセカンド・アルバムへのトラック提供など勢力的に活動している。

ライブでは、渋谷WWWとLOW END THEORY主催による Beat Invitational Vol.1、DENPA 2013 等の大型イベントにも出演し、本人出演による映像とダンスを織り混ぜた独特のライブスタイルによりオーディエンスを興奮と混乱の渦に巻き込んだ。

そして現在、2014年夏リリースを目指し、セカンドアルバムを制作している。
未だ「思春期とビートの両立」を探求中。



食品まつり


電子音楽家、絵描き

NYのブルックリンを拠点とするGiant ClawとSeth Graham主宰のOrange Milkよりデビュー、国内ジューク・シーンから突如出現し、これまでに七尾旅人、禁断の多数決、Nature Danger Gangなどのリミックスや共作を手掛ける。

ツイート