Pick Up Event

how are you

“HOW ARE YOU”

​ ​34423、zmi、コッテル、Yuki Matsumura、peachonfuse、tristero等、去年から今年にかけて作品をリリースした注目のアーティストが一同に集結。

Date:2015年4月11日(sat)
Open:15:00
Door:2,000yen(ND)/2,500yen(ND)
Place:BATICA

LIVE:
​fraqsea
34423
zmi (NATURE BLISS)
コッテル (kilk records)
Yuki Matsumura (moph records)
peachonfuse (sproutail)
tristero (sproutail)
SHOMOMOSE (SILO)
kyohei fujita
Itsuqi Doi (Cotofu)
PAN toglodytes
wyvs by rhino

DJ:
mu h (moph records)
yokotsuka yuuya (邂逅)
DJ Emerald (13complex / Synthesmic)
tessei tojo (PROGRSSIVE FOrM)
hisao (Daydream Wonder)
ex.it
Sakura


Artist Profile

ShellingのギターヴォーカルAYAのソロプロジェクト。
シューゲイザー、エレクトロニカ、アンビエントといったジャンルの枠に囚われない
自由な発想で制作される楽曲は優しげで、童話的な印象を与える。

2010年High Fader Records より Lemon’s Chair イマニシマサシのソロワーク
となる Lemona とのSplit Album「I touch your Feather」を 会場限定でリリース。
2013年は畠山地平が主宰するWhite Paddy Mountainより1stアルバム『Majoram』をリリース。



34432


miyoshi fumi、

愛媛県出身、東京都在住。サウンドアーティスト。幼少より録音機器や楽器にふれ、音創りと空想が生活の一部となる。 切り取られた日常はサウンドコラージュによって独自のリズムを構築し、電子音に混ざり合い、より空間の広がりと物語を想像させる。 また、ノイズや音響的な側面から生まれる音の偶然性を必然のアプローチに変化させ、有機的に表現している。 容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、過去7枚の作品発表。 世界的な女性電子音楽家cokiyuの“Your Thorn” REMIX CONTESTでの、最優秀賞作品選出や映画への楽曲提供、コーネリアスのサウンド・プログラマ、美島豊明のユニットの楽曲リミックス、 最近では、アルバム作品をモチーフにしたアートディレクターYU-KA TANAKAとの”音と立体”のライブパフォーマンスなどジャンルレスな活動も各方面から話題となっている。

2013年に音楽レーベル邂逅より待望の世界デビュー盤”Tough and Tender”をリリース。
2015年2月同レーベルからに2ndアルバム『MASQUERADE』をリリース。



zmi


1986年生まれ、静岡県出身の作曲家。幼少期から親しんでいるピアノを用い、柔らかなサウンドを奏
でる。これまでにCMや映画への楽曲提供など数々の作品を残す。また、音楽だけでなく写真や映像
作品など、幅広い創作活動を行っている。これまでにいくつかの楽曲をデジタル媒体などで発表

2014年、自身のプライベートレーベルoolongよりFREE MIX CD『double helix』をリリース。
2015年、NATURE BLISSより1stフルアルバム『ふうね』をリリース。



茨城県出身、東京都在住の千代によるソロプロジェクト。
2007年16歳の時に2人組のユニットとしてコッテルを結成。
2010年omotesando records(OMOTES)よりミニアルバム “nukonomad” 発売。
2011年千代のソロユニットになる。
2013年kilk recordsより1stアルバム”トマト帽のベレー”発売。
都内ライブハウスや、野外フェスなどに出演するかたわら、no.9など様々なアーティストの作品にゲストボーカルとして参加するなど幅広く活動中。

2014年覚醒。
これまでのElectronica~Ambient~Neo-Psychedelic?Chill Outミュージックな世界観から一転、
「中東サイバー萌え萌えファイター」として活動を開始。日々真の女ファイター目指して修行中。



高知県出身の電子音楽家。
緻密にフィールドレコーディングされた高解像度な音素材をコンピューターに取り込み、シンセサイザーによる電子音と共に徹底的に加工 / 編集された楽曲群は、音と音楽の境界線を取払い、音楽というより「音」そのものを主とし、一つの聴覚作品として提示する。
これまでに、恵比寿リキッドルームで開催された電子音響音楽の祭典 Red Bull Music Academy Weekender EMAF TOKYO 2013に出演。

2015年、音楽レーベルmoph recordsより1stアルバム『Without a Break』をリリース。



東京都生まれ。人々が持つ繊細な感情を思い起こすようなエレクトロニックトラックに、 ロリータボイスを乗せて行くスタイルで2011年より主に電子音楽イベントを中心に活動。 2014年2月より”sproutail”レーベルを立ち上げ、マネージャーやモデルとしても独自の活動を行っている。



2012年より都内で活動開始。ソウルの深い原泉を追求し、肝から震え出すような粘り気のあるグルーブを産み出す。独特のサンプリングとシンセサイザーをフィーチャーしつつ、アトミックなインパクトを与える音の空気振動で、独自の時間空間を成り立たせる。新人アーティストながら貫禄を感じさせるライブパフォーマンスにも定評がある。2014年、レーベルSPROUTAIL(スプラウテイル)〉より1stアルバムをリリース。



電子音楽家、音楽レーベルSILO主宰
意図的に発生させたレイテンシー、バグを利用した音の構築、破壊など、
機械の不安定性やコンピューターでしか成し得ない現象を抽出し音を生成する。



1991年生まれ、東京。
チップチューンサウンドを中心にいくつかのジャンルの要素をかけ合わせ、独自のスタイルの音楽を制作する。
TORIENAの楽曲Pusle Fighterのリミックスを行い、同楽曲のMVを収録したDVDに収録される。

2014年、ソロプロジェクト「nakimusi」第一弾となる1stソロアルバム「opus0.1」を自主リリース。



1989年、兵庫県生まれ。2010年、音楽レーベルCotofuを設立。同年、海と胎内をテーマとした初のソロアルバム『Uonotayu』を発表。2011年には、アルバム『When the whale turns her back to the sea』を発表した。また、同年からデザイナー集団「nnn(ニュー)」の一員としても活動している。