Pick Up MV

” solo scum ” MV
mukai jumpei


確かに自分は今この場所に居るはずなのに、どこか現実的ではない感覚にとらわれた事はないだろうか?これはネット環境がもたらした身体と心の差異なのか?Yuki Matsumuraのミニマルな音の構造の中に不意に訪れる音の僅かなズレが映像とリンクして時間感覚の消失を引き起こす、現実世界と精神世界が交差する現代社会を反映したような作品。

Sound:Yuki Matsumura

Director / Camera:mukai jumpei


Artist Profile

mukai jumpei

富山県出身の映像作家。2010年より自身の映像制作を開始。
独自の文脈と色彩感覚で描かれる作品は、目に見えないものの存在を想起させる。

第一回O!!iDO短編映画祭優秀賞受賞。
TOKYO DESIGNERS WEEK 2012・2013 にてインスタレーション作品展示。
2014年には活動を再開したdownyのMV「曦ヲ見ヨ!」を制作し、また夏アニメ「ばらかもん」EDのビジュアル処理を手掛けたことでも注目を集めた。

今回公開されるYuki MatsumuraのMV「solo scum」は初の実写MVとなる。



Without a Break

ƒvƒŠƒ“ƒg「テクノ」はダンスフロアに生みだされる。ダンスのための直感的で最適化された音楽だ。

ただ、Yuki Matsumuraの考える「テクノ」は、全く別の文脈から生まれる。
ダンスフロアのために最適化されることを拒み、実験の繰り返しから生まれる異形の「テクノ」それ故なのか、他では類のない質感と空気感を帯びている。

退廃的な空気ともに静かな夜の気配と共鳴するように音が鳴り続ける。
呼吸をするように静かに繰り返されるミニマルな構造。人間という存在は忘れ去られ、夜の深さに埋没していくようだ。しかし、あるタイミングで人間的な感覚が研ぎすまされるような不思議な時間が訪れる。繰り返される音の僅かなズレや変化が熱を帯び始め、肉体的な体験となり、全く違うアプローチの「テクノ」が生まれる。

そうして、Yuki Matsumuraの考える「テクノ」は再びダンスフロアに接近する。

Release Date : 2015.2.04(wed)
Artist: Yuki Matsumura
label : moph records
Media : CD/Digital

[Track List]

01 Hugo
02 Solo scum
03 Without a break
04 Soundrug
05 Suit
06 Ill!!
07 Kissy
08 Yellow to dive2
09 Nnn
10 Voice&Sound ver.2
11 Connect the rhythm